一人社長がホームページ自作するための7つの手順

皆様こんにちは、リードの金子でございます。

今回はお一人社長様がホームページを作成するにはどのようにしていけばいいのかを、おおまかな手順をご紹介していきたいと思います。

起業当初などで、何かとコストを抑えながら運営をしていかねばならない場合には、まずは自分でホームページを作る!という選択はアリかと思います。

自社ホームページを備えることで、金融機関からの融資や取引相手との交渉材料やユーザーへのPRなど、様々なカタチで活躍してくれると思いますので是非とも、今回の手順を参考にしていただいて自分でホームページ作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事を見ていただければホームページを作る全体の手順が分かりますので「このぐらいの手順で出来るのか!」とか
「自分には無理かな~~」といった判断が出来るようになりますので、ぜひ参考にしてください。

目次

1.レンタルサーバーを契約する

まず、最初にしなければいけなにのがレンタルサーバーの契約になります。

よく無料のサーバーやアメブロやライブドアみたいな無料で使えるサーバーではダメなの?

という声を聴いたりもしますが、結論から申し上げるとビジネス利用をしてメインで活用するならNGです!

この辺の詳しい解説は、以前の記事でも紹介しておりますので何故!!と疑問に思ったかたは
こちらを→ 無料でホームページ作成するなら4つのデメリットを知る必要がある

簡単な理由としては、

  • いくら頑張っても自社の資産にならない
  • フリーのドメインでビジネス信用が低い

無料という大きなメリットがありますが、それは個人の一般利用であれば問題ありませんが、ビジネス利用としてするには、無料で使えるホームページはあくまでもサブ的な役割として活用されたほうが賢明です。

というわけで、有料のレンタルサーバーを契約するのがビジネス利用では欠かせないものでして、まずはレンタルサーバーを契約して準備すること。

ではどこのレンタルサーバーがいいのか?

それはトータル的に優れているのが「エックスサーバー」です。

その理由としては、

  • 安定性
  • 信頼性
  • 低コスト

この3つが主な理由で、レンタルサーバー選びで迷ったら、もうエックスサーバーにしておけば間違いないという感じです。

この辺の詳しい内容やエックスサーバーの契約の仕方なども、こちらの記事を参考にしてください。

迷ったらこれを選べば後悔しないおすすめサーバー

2.ドメインを取得する

サーバーの準備が出来たら、次はドメインの取得です。
ドメインとは?パソコンやスマホなどの上部のバーに表示されているこんな感じの文字
「https://●●●●.com」

ここの、「~~~~.com」とか「~~~.net」とか「~~~~.jp」などの部分がドメインになります。

ドメインを取得することで、自社メールも使用できるようになるので、会社名やサービス名にちなんだドメイン名がおすすめです。

さらに、法人なら断然「co.jp」個人事業主なら「jp」

このドメインを選ぶことをおすすめします。

.comなどに比べて、取得費用や更新費用などが割高にはなりますが、それでも「co.jp」や「jp」にはビジネス利用するうえでは十分なメリットがあります。

詳しくはこちらで解説しております。

ドメインの取得方法と選び方

3.WordPressのインストール

レンタルサーバーとドメインを準備できましたら、いよいよネットに自社ホームページを構築していくことが可能です。

そして、ホームページを作るならWordPress(ワードプレス)での作成がおすすめです。

その理由としては

  • 専門知識が無くてもある程度自由に作ることが可能
  • 最初からデザインがほぼ出来ているテンプレートが使用可能
  • 豊富なプラグイン(アプリみたいなもの)でカスタマイズに優れている。さらに無料版も豊富
  • 困ったときにはネット上に情報が山ほど出ているので助かる

このようなメリットがあるので、WordPress(ワードプレス)を強くおすすめします。

wixなどもかなりデザイン性に優れたものや操作性能も向上しておりますが、ビジネス利用をしていくうえでは、カスタマイズ性や自由度が高いWordPress(ワードプレス)のほうが後々後悔することがないです。

私もいくつもの事業者様のホームページのお手伝いをさせてもらっておりますがwixからのWordPress(ワードプレス)にしたいという要望はありますがWordPress(ワードプレス)からwixにしたいという要望は一度もありません。

そのぐらい、WordPress(ワードプレス)はビジネス利用で使っていても問題なく十分なパフォーマンスを発揮してくれます。

ちなみにほとんどのレンタルサーバーではWordPress(ワードプレス)などをボタンをクリックしていくだけで簡単にインストールする機能が備わっているので、サーバーにワードプレスをインストールするのも手軽に行えます。

4.セキュリティ対策は必須