ホームページ制作

制作会社がたくさんあり過ぎて
決められない!?

ホームページ制作会社とネットで検索をすれば、その地域ごとにもたくさんの制作会社が出てくるので、多すぎて何処に依頼をして良いのか分からない!

沢山あり過ぎて、何を基準に選んで良いのか分からない場合には、とっておきの選定方法をご紹介しますので是非とも参考にしてください。

選定方法その1
自社の予算とマッチしているか

ホームページ制作会社を選んでいくうえで、会社の予算というのは大事な部分となってくると思います。予算を多額にかければ良いという訳ではなく、目的に応じた制作に対して無駄な支出を最小限に減らして制作と運用を行っていくことがホームページ制作会社選びで失敗しない秘訣にもなってきます。

制作の目的から選ぶ参考価格

名刺代わりの簡単なHP

名刺の代わりとなってくれるような、とりあえず会社の業務内容などをPRするぐらいのものであれば、多額の費用を費やすことなく格安プランでの制作や10万円前後の制作でも十分に役割を果たしてくれるホームページ制作可能になります。

集客や求人目的

集客や求人募集といった、何かしらのアクションをホームページで得たい場合には、自社の強みや特徴をしっかりと抑えて企画をしていく必要があるので30万円~50万円といった制作プランなら目的に特化したディレクション込みの制作が可能です。

ブランディングUP

集客や求人だけではなく、他社との差別化を図ったり、圧倒的な自社の存在感を打ち出していきたい場合にはブランディング強化といった制作プランが必要です。制作費用50万円~の制作プランならデザインを高品質にしたり他社との差別化をする事が可能です

選定方法その2
デザインが好みかどうか

ホームページのデザインが好みかどうかも意外と重要なポイントです。ホームページ制作会社では、あらゆる業種の制作を請け負っている事が多いですが、そんな中でもデザインには、カラー、レイアウト、サイト構成など、一定の傾向があります。そんな部分を確認して「ここは好みじゃない。。」「ここはなんか良いかも!」という判断も必ずしておいた方が良いでしょう。何故なら自分が気に入らないホームページでは完成が見えてこない場合があるので、依頼した方も依頼された制作会社もどちらにとっても良くない制作となってしまいかねません。

デザインからの選ぶ選定方法

制作実績の確認

制作会社の今までの実績を一通り確認は必ずした方が良いです。もちろん実績が確認できない制作会社は論外です。実績サイトを実際に訪問して、そのサイトが自分で見やすいか?良いと思えるサイトなのか?これらを第三者目線で確認をすることで自社でも満足できる制作会社を選定することが可能です。

同業種の制作があるか確認

自社と同じ同業種のサイトや類似サイトの実績があるかどうかも選定するポイントとして抑えておいた方が良いです。制作会社では、特定の業種に強みを持っていたりもするので同業種の実績が多い制作会社を選ぶことで制作会社の知識ベースやデザインなども大きく失敗することを防ぐことが可能です。

スマホでのデザインの確認

パソコンだけのデザインではなくスマホでのデザインも必ず確認することををおすすめします。何故ならいまや70%近くのユーザーがスマホでの観覧になるのでスマホでのデザインの良し悪しが今後の自社ホームページの運命を左右することにもなってきます。パソコンよりもスマホデザインを優先して確認!

選定方法その3
担当者と気が合う

どんなに良いホームページ制作会社でも、行きつく先には人と人のやり取りになります。そして、その関係が良好なほど良いホームページ制作が可能になるのは間違いありません。担当者が変わる事がある制作会社や、担当者と話した感じがなんか違和感がある。。。という場合には、他に良い制作会社が無いかどうかを探した方が賢明です。良いモノを制作するには、必ず依頼者の「想い」を汲み取れる担当者の熱意が必要不可欠です。

担当者の選定方法

レスポンスが良い

担当者のレスポンスは超が付くほど、とても、とても重要です。何故ならレスポンスが悪いと制作後にまで影響があり、長い期間、担当者のレスポンスの悪さに悩まされる事にもなりかねません。1日でも早くホームページの更新をしたいのに数週間も変化なし。。。こうなってしまうと新着情報なども、古い情報となってしまうので情報の鮮度を無駄に失う結果となります。

提案型の担当者を選ぶ

どんなホームページにして良いのかは依頼者側では分からない事が多いので、目的だけを伝えて、その他は提案をしてくれる担当者がベストです。受け身姿勢の担当者を選んでしまうと「ここは言われていなかったので」などという、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあるので、依頼者側の目的に寄り添った提案を十分に相談しながら進めてくれる担当者を選ぶことが失敗しないポイントです。

最後は直感

最終的に迷った場合には、あとはご自身の直感を頼りにしてください。ずいぶんと無責任な提案かと思われるかもしれませんが、最終的に決断をするのは、やはり自分自身です。これまでの選定方法を踏まえて選定を行い、最後は自分の感じた直感を信じてください。特に最初に感じた違和感や担当者と話した感じがイマイチの場合には、自分の感じた事を素直に信じて選定をすることで最悪のケースを防ぐことが出来るはずです。

制作会社は何処も同じではありません

ホームページはネット上に存在するので、どうしても「人」という個人が隠れてしまうサービスですが、本来の目的は「人」と「人」を繋ぐツールです。その人を繋ぐツールを制作するうえで、制作にかかわる人がどんな人達なのかで、ホームページの制作は大きく変わってきます。自社にあったホームページ制作会社を選ぶ際には、焦らず今回の3つの選定方法

1.自社の予算とのマッチ

2.デザインが好みかどうか

3.担当者と気が合うかどうか

これらを判断基準として制作会社の選定を行えば、大きな失敗にはなりませんので、是非とも自社にあったホームページ制作会社を選ぶ際の参考にしてください。

制作実績