車屋さんのキャッチコピーは9つのポイントで惹きつけ可能

みなさんこんにちは。

合同会社リードの金子です。

いまや自動車業界では、ネットを活用した販売は欠かせないツールとなっておりますが、全国各地のライバル他社との競争は激化する一方で、薄利多売となっている自動車屋さんも多いかと思います。

他社より少しでも目立たせるためには、価格を下げるしかない。。。

といった手段を繰り返していくうちに、利益も削られてギリギリまで販売価格を下げて、ようやく売れる。。。

こんな苦しい状況になっていませんか。

もしも、販売価格以外にも、他社に埋もれない手段があるとしたら?

それは、あなたが探して、この記事にたどり着いた「キャッチコピー」の付け方で大きく変えれることが出来るかもしれません。

ネット上では、こちら側からのセールストークは全く通用しませんので、いかにお客さんの目を惹きつけることが出来るかで、販売車両を見てもらえるかどうかが決まってくるわけですので「画像を多く載せたり」「販売価格を他社よりも下げて上位に表示させたり」この辺はどこの車屋さんでも行っていると思いますが、お客さんが思わずクリックをしたくなるキャッチコピーが付けられるとしたらどうでしょうか。

たとえ他社よりも、販売価格で負けていたとしても、興味関心を惹きつけることが出来るキャッチコピーなら、他社よりも目立たせることが可能です。

ネット上では、そんな思わずクリックしたくなるようなキャッチコピーを駆使してタイトル付けをしているサイトも多いですし、私も日頃から思わずクリックしてしまうサイトは実際にあります。

今回はそんな、キャッチコピーだけで、強烈に興味関心を惹きつけることが出来る9つのポイントを紹介したいと思います。

この9つのポイントを抑えて、言葉を「あてはめるだけ」で、簡単に強烈なキャッチコピーが可能になりますよ。

目次

車屋さんのキャッチコピーを考案するなら9つのポイントで惹きつける

では今回紹介するキャッチコピーの作り方を、劇的に簡単にしてくれる9つのポイントを紹介したいと思います。

それがこちら

①「特長」からのキャッチコピー

②「気づき」からのキャッチコピー

③「強調」からのキャッチコピー

④「人気」からのキャッチコピー

⑤「感情」からのキャッチコピー

⑥「リアル感」からのキャッチコピー

⑦「お得感」からのキャッチコピー

⑧「標的」からのキャッチコピー

⑨「誘導」からのキャッチコピー

強烈に惹きつける事が可能なキャッチコピーは、この9つからあてはめるだけで作成が可能です。

これから紹介する、いくつかのキャッチコピーの「●●●」部分に、自社の販売車両に関係するものをあてこんでいくだけで、惹きつけられるキャッチコピーが完成します。

では具体的なキャッチコピーをいくつか紹介していきます。

①「特長」からのキャッチコピー

販売車両の特長をより効果的に伝えることが出来るキャッチコピーで、お客様が価値を感じる特長を見つけて、他の車両との違いなどを明確にするとより効果的なキャッチコピーになります。


●●●の基準を変える
自分の基準を変えてしまうぐらいの新しい変化を印象付けさせることが出来る

例:中古車選びの基準を変える新しい●●●プラン


●●●が愛した
有名人や偉人などのイメージを利用して歴史的な価値をかんじさせることが出来るキャッチコピー

例:あの●●●も愛車にしているトヨタの●●●


●●●で贅沢な時間
高級車や外車などの車両で贅沢な時間を過ごすという品質が高いイメージを持たせてあげる事が出来るキャッチコピー

例:●●●で優雅にドライブする自分だけの贅沢な時間


●●●をようやく確保
中古車でも特にマッチすることがないポイントを紹介してあげる事で希少性をアピールできるキャッチコピー

例:この距離数でこの年式は2度と入庫できない●●●をようやく確保しました


②「気づき」からのキャッチコピー

お客様自信でも気づいていない販売車両の魅力や、販売車両の必要性などの自身の内面の部分に気づかせてあげる事が可能なキャッチコピー。


後悔しない●●●
中古車では特に購入後のアフターフォローや保証部分も気になるポイントでもありますし、誰でも安心して乗り続けられるクルマを選びたいと思っておりますので、そういった心理を利用したキャッチコピー

例:この●●●を購入した人の声。●●●で本当によかった!●●●で後悔しない!


●●●って言われるんです
愛車は男にとってはステータスの一部になっている事が多く、特に周りの評判や意見が気になっている人が多いので、そういった心理をかきたてるキャッチコピー

例:この●●●を乗っていると、どんな仕事をしているの?って言われます


あなたを●●●にみせる
車を購入してから、自分の理想としている姿をイメージをさせてあげる事で、より魅力的に見える販売車両にすることが出来るキャッチコピー

例:あなたを魅力的にみせる●●●のオーナー


●●●だけが知っている
愛車にした人だけが知っている貴重な体験情報などを表現することで、購入者の好奇心を刺激することが可能なキャッチコピー

例:●●●を購入した人だけが知っている走った時のあの●●●


③「強調」からのキャッチコピー

たとえ同じ販売車両だったとしても切り口を変えてあげる事で、より良く、より際立たせて効果的にお客様に伝えてあげる事ができるキャッチコピー。


モーレツに●●●
その車を見たときや、乗った時などに感じられる気持ちを強力なインパクトで伝える事ができるキャッチコピー

例:アクセルを踏んだだけで分かる●●●からくるモーレツなワクワク


●●●の本物感
その車の本来持っている質の高さをアピールして、その価値を特別なものとして伝えてあげることが出来るキャッチコピー

例:本物の●●●だから味わえる上質な室内空間



●●●を守ってくれる
これからの購入する愛車を大切にしたい!とか安心感を求められやすいファミリーカーなどには、その車の備わっている機能や能力をより価値あるものとして伝えることができるキャッチコピー

例:愛車のボディーを守ってくれる●●●の施工サービス!


存在感ある●●●
他のクルマに埋もれることなく、自分だけが乗っている特別な車両としての位置づけを伝えてあげる事が可能なキャッチコピー

例:どこを走っても存在感が消えない●●●のボディカラー


④「人気」からのキャッチコピー

実際に良く売れている人気の高いクルマにはトレンド感などを持たせてあげる事でみんなが選んでいるから安心して選択がしやすくなるキャッチコピー。


今売れている●●●
人気の高い販売車両をストレートに表現することで、他の人も選んで、認めている車両として強くアピールすることが可能なキャッチコピー

例:今バカ売れの●●●が入荷!次の入荷時期は不明です


●●●をするのが楽しみになる
そのクルマを購入した後で、味わう事ができる楽しい出来事などを想像させてあげることが出来るキャッチコピー

例:週末が待ちきれないほど楽しくなる●●●があるカーライフ



●●●のトレンド
人気の高いクルマに備わっているポイントなどをストレートに表現して流行りを強調させてあげることができるキャッチコピー

例:ズバリ今のトレンドは●●●!この装備は必須アイテムです


⑤「感情」からのキャッチコピー

お客様が購入にいたるまでには、何かしらの感情の変化があり、その感情を掻き立ててあげる事で、強烈な印象を与えてあげる事ができるキャッチコピー。


●●の居心地の良さ
高級車やミニバンなどに備わっているような室内空間の居心地の良さを伝えてあげる事で興味関心を惹きつけることが出来るキャッチコピー

例:ハンドルを握っただけで分かる●●●の居心地の良さ


●●に見惚れる
見た目のボディスタイルや室内などの質感や走行したときの走る姿などの理想的な姿を印象付けできるキャッチコピー

例:流れるようなボディラインに思わず見惚れてしまう●●●


●●のチャンス
今が特別な機会だという事をストレートに表現することで注目を集めることが出来るキャッチコピー

例:2度と無い極上の●●●チャンスを逃さないでください!


心が躍る●●
感情が揺さぶられて心に衝撃を感じさせることが出来るキャッチコピー

例:思わず走り出したくなる、この●●●で心が躍る


⑥「リアル感」からのキャッチコピー

より具体的な印象を付けてあげる事ができるリアル感では数字を利用して現実的に表現をすることができるキャッチコピー。

ランキング●●
好奇心がわきたてられて選択行動を起こしやすいランキングという言葉を活用して注目させることができるキャッチコピー。